公益社団法人  奈良市観光協会公式ホームページ
HOME > 観光スポット

観光スポット

興福寺 

南都七大寺の中で最も密接に奈良の街とつながりを持ちながら発展した寺。和銅3年(710)藤原不比等が飛鳥から平城京へ前身の厩坂寺を移転したもので、藤原氏の氏寺として、藤原一族の隆盛とともに寺勢を拡大しました。最盛時には数多くの堂塔僧坊が立ち並んでいたといいます。また、神仏習合の影響をうけ、春日社と一体化し、時には僧兵をしたがえて朝廷へ強訴に及ぶまでになりました。治承4年(1180)平家に焼き打ちされ、ほとんどの堂が焼失しますが、直ぐに再建されました。鎌倉時代には大和守護職の実権を握り、実質的に大和国一帯を支配していました。現在の堂塔は、鎌倉以降の建物を一部残し、広い境内に中金堂・東金堂・北円堂・南円堂・五重塔・三重塔・大湯屋・大御堂・国宝館などが建並び、仏教彫刻類は天平時代や鎌倉時代の名品を数多く保存しています。
住所 〒630-8213 奈良市登大路町48
アクセス 近鉄奈良駅 徒歩5分
問合せ TEL:0742-22-7755/FAX:0742-23-1971
バリアフリー トイレ1ヶ所
駐車場 普通車60台 料金:900円
拝観・入館  
料金 【国宝館 拝観料】
  大人
(一般・大学生)
学生
(中学・高校生)
小人
(小学生)
個人 600円 500円 200円
団体(30名以上) 500円 400円 150円
身障者 300円 250円 100円

【東金堂 拝観料】
  大人
(一般・大学生)
学生
(中学・高校生)
小人
(小学生)
個人 300円 200円 100円
団体(30名以上) 250円 150円 90円

国宝館・東金堂連帯共通券(拝観料)

  個人・団体
大人
(一般・大学生)
800円
学生
(中学・高校生)
600円
小人
(小学生)
250円
時間 国宝館・東金堂とも午前9時~午後5時(入館締切午後4:45)
休み 休みなし

見どころ  
行事・イベント
催事名日時
追儺会 2月3日18:30~20:00
涅槃会(ねはんえ) 2月15日10:00~16:00
仏生会(ぶっしょうえ) 4月8日9:00~16:00
放生会(ほうじょうえ) 4月17日13:00~
文殊会 4月25日15:00~
薪御能 5月第3金・土曜日17:30~
弁才天祭(三重塔公開) 7月7日10:00
大般若会(南円堂開扉) 10月17日13:00~
花だより
種類時季規模摘要
5月上旬
国宝 北円堂 ・三重塔 ・五重塔 ・東金堂 ・弥勒仏坐像 ・無著菩薩立像 ・世親菩薩立像 ・十大弟子立像 ・八部衆立像 ・維摩居士坐像 ・文殊菩薩坐像 ・金剛力士立像 ・不空羂索観音坐像 ・四天王立像(南円堂) ・法相六祖坐像 ・十二神将立像 ・十二神将立像 ・四天王立像(東金堂) ・天燈鬼・竜燈鬼立像 ・四天王立像 ・千手観音立像 ・仏頭
特別開扉
期日内容摘要
4月28日~5月6日 北円堂 年によって変更あり
10月31日~11月3日 北円堂

年によって変更あり

7月7日 三重塔

 

10月17日 南円堂

 

観光スポットを検索する

エリアで探す

カテゴリで探す
















キーワードで探す