Experience Nara Time in Japan

NARA Travelers Guide

Experience Nara Time in Japan

Visit Nagato Yamaguchi Japan

News

【冬の奈良大和路キャンペーン】冬の西奈良ぶらりスポット

2019.09.11

各地でランニングイベントや美術展が目白押しの冬。

特集「冬の西奈良ぶらりスポット」では、そんな季節にお薦めの西奈良スポットをアートとランニングの2つのモデルコースでご紹介します。

 

※すべての写真はイメージです。情報は2019年9月現在のものであり、予告なく変更される場合があります。お越しになられる際は再度、事前にご確認ください。

 

池とアートと私コース | 富ランコース

 


 

池とアートと私コース

 

推定所要時間:じっくり見て歩いて6時間(近鉄学園前駅発着、途中バス使用)

 

寒い冬はおこもりしたいけれど、屋内でじっとしているのはもったいない!
そんな方にお薦めなのがこちらのコース。

美味しいグルメでお腹を満たしながら、西奈良の池の周りに佇む美術館を見てお散歩します。
奈良公園などの“ザ・奈良”な観光に合わせるもよし、西奈良だけで日帰りプチ旅行をするもよし。
人々の暮らしの中にある美術館で傑作の数々をお楽しみください。

 

 

①大和文華館

学園前駅の南口を出て、交番を右手に見ながら東へ。

自然に囲まれた美術館「大和文華館」が見えてきます。

ここでは、国宝や重要文化財を含む数々を観賞できます。

建物を取り囲むようにお庭があり、四季折々の花々を楽しむこともできます。

本館の格子状の「なまこ壁」もフォトジェニック。

 

施設の情報を見る▶

地図を見る▶

 

②中野美術館

大和文華館から南へ歩を進めて約3分。

「中野美術館」では、明治、大正、昭和にわたる近代日本の洋画や

日本画、版画などを観賞できます。

入り口の階段を下りたところに広がるラウンジでは、

大きな窓ガラスから池の景色が楽しめてお薦めです。

 

※臨時休館があります。
令和元年12月9日(月)~令和2年1月9日(木)は年末年始休館
令和2年1月27日(月)~3月5日(木)は冬季休館

 

施設の情報を見る▶

地図を見る▶

 

 

③642PIZZA

中野美術館を出てすぐ、池の畔の森の中にある石窯ピザのお店「642PIZZA」。

「642=ロッシーニ」と読みます。もちもち食感のピザランチをぜひご賞味あれ。

敷地内の手作りログハウスや趣向が凝らされた庭、かわいい雑貨も、

フォトジェニックでついついカメラを向けたくなります。

 

<営業時間>

ランチ11:00~15:00(L.O. 14:00)
ディナー 10名様以上で貸切のみ

火・水休(祝日の際は翌日が休み)

 

<アクセス・問い合わせ>

住所:奈良市学園南2-17-1

Tel: 0742-55-2934

 

お店のウェブサイトはこちら▶

地図を見る▶

 

④蛙股池

お腹が満たされたら、お散歩を再スタート。

中野美術館がある道の東の方向に、森の小道があります。そこを進んでみます。

小道を抜けると右手には神社、そして目の前には「日本最古のダム」説のある池「蛙股池」が。

奈良時代に編纂された『日本書紀』に登場するとされ、歴史は深いです。

春には桜、秋には畔の紅葉も楽しめます。

また、夕暮れ時に東畔から西側を撮影するのもお薦めです。

 

地図を見る▶

 

 

⑤大渕池

蛙股池から歩いて菖蒲池駅、そして電車で学園前駅に戻り、

北口のバスターミナルからバスに乗って北上します。

バス停「大渕橋(松伯美術館前)」で下車して北に歩を進めると、

大きな池「大渕池」が見えてきます。

この周辺には公園がいくつかあり、地域の憩いの場となっています。

季節の空気を感じながらゆっくりと散歩を楽しめます。

 

地図を見る▶

 

 

⑥松伯美術館

大渕橋を渡って右手、池の北畔には最終目的地である「松伯美術館」が見えてきます。

ここでは、明治から昭和初期に活躍した女性日本画家・上村松園の美人画がなどが必見です。

池を眺める庭園も美しくて、洗練された時を過ごすことができます。

お帰りの際は来た道を戻り、大渕池を渡った所のバス停からバスで学園前駅へ。

 

施設の情報を見る▶

地図を見る▶

 

 



富ランコース

 

推定所要時間: 走って、お寺でお風呂にも入って3時間(近鉄富雄駅発着)

 

ランニングシューズを持って行って旅先で走るのが好き!

「寒い冬こそ旅ランしたい」という方にお薦めなのが、

平安時代の歌にも詠まれた「富雄川」沿いを走るこちらのコース。

 

一見、田んぼや住宅地がある地域ですが、日帰り入浴OKのお風呂が境内にある

聖武天皇ゆかりのお寺や、日本最大の円墳、日本一の焙煎士によるコーヒーロースター、

ラーメン激戦区など、立ち寄りスポットがいっぱいです。

もっと欲張るなら、世界遺産のお寺がある西ノ京へ足を延ばすこともお薦めです。

 

 

 

①添御県坐神社(そうのみあがたにいます じんじゃ)

富雄駅を出発してジョギングしながら南へ約10分。

田んぼや住居のある東側に、地元で愛される神社が坂の上にあります。

読むのが非常に難しい「添御県坐神社」は、“添(そう)郡”にある

“御県(みあがた)=朝廷の直轄地”に鎮座する神社、という意味。

起源はなんと古代に遡るそう!初代・神武天皇が戦った

この辺りの豪族の長「長髄彦(ながすねひこ)」が真の御祭神と伝えられています。

 

神社の詳細を見る▶

地図を見る▶

 

②ROKUMEI COFFEE CO. TOMIO ROASTERY

神社を出てさらに南東へジョグすると、日本一の焙煎士による

コーヒーロースターがあります。

落ち着いた店内には、スペシャルティコーヒーをはじめ

「KASUGA(カスガ)」など奈良由来の名前が付いたブレンドコーヒーなどが並びます。

テイクアウトもOKです。

 

お店の詳細を見る▶

地図を見る▶

 

③富雄丸山古墳

コーヒーを楽しんだらランを再スタート。しばらく南東へ走ります。

すると住宅街の中に国内最大の円墳「富雄丸山古墳」が!

大型古墳造営が大阪へと拡大する4世紀後半に造られたとされ、

副葬品からは被葬者の権力の高さがうかがえます。

古墳北側の公園から南へ続く階段を上ると、

古墳を近くに眺めることができます。

 

地図を見る▶

 

④霊山寺(りょうせんじ)

古墳を見たら折り返して北へ戻ります。

富雄川沿いを走る中、左手には奈良時代に聖武天皇の勅命で創建された「霊山寺」が見えてきます。お寺の境内には、聖武天皇が入湯されたという逸話の残る薬師湯殿もあり、日帰り入浴もOK。

レトロな空間で歴史を感じながら、汗を流していくのもお薦めです。

また、鎌倉時代の本堂は国宝に指定されているほか、重要文化財の三重塔、鐘楼もあり、必見です。
※春と秋はバラが綺麗なことで有名でもあります。

 

お寺の詳細を見る▶

地図を見る▶