ネットで簡単予約!奈良満喫体験

NARA Travelers Guide

ネットで簡単予約!奈良満喫体験

Visit Nagato Yamaguchi Japan

トピックス

夏のオススメ特別ツアー(7月~9月)

 

 

 

 

奈良市観光協会の日帰りツアーブランド「奈良満喫体験」では、この夏、開放的な奈良で楽しめる特別ツアーをご用意しました。

ツアーは、比較的涼しい時間帯の「夕方」や「夜」に行われます。

 

 

目次

 

1. 夜景や夕日を眺めた後、春日山を歩く「春日山よるさんぽ」

 

2. 世界遺産・元興寺の国宝禅室で「夜の座禅体験」 

 

3背筋がひんやり。夏の夜のちょっと怖いツアーとは

 

 (1)  鬼伝説で知られる世界遺産・元興寺で夜間拝観も「妖怪さんぽ」

 

 (2) 山里の天狗伝説に迫る!? お天気が良ければ夜には星空観察も「天狗遠足」

 

 

 

 夜景や夕日を眺めた後、春日山を歩く「春日山よるさんぽ」

 

 

奈良の街を一望できる夜景スポットといえば、若草山山頂の展望台。ここから眺める夜景は「新日本三大夜景」に登録されています。

毎年夏になると、JR・近鉄奈良駅発着の夜景観賞バス(若草山山頂に行って帰ってくるバス)が期間限定で運行。今年は8月1日~9月27日の土日祝(8月15日は除外日)に利用できます。

この“夏の夜景シーズン”に合わせて毎年企画しているのが、夜景と世界遺産登録の「春日山」の夜さんぽを楽しむツアー。若草山夜景観賞バスに乗って山頂に行き、夜景を一望した後、春日山遊歩道を通り、夜の山歩きを楽しむプランです。ガイドいただくのは、自然案内人のスギヤマタクジさん。夜の自然の魅力を一緒に体感していきます。

さらに、今年は初の試みとして、若草山山頂からの夕日も楽しめる「トワイライトバス」が8月22日、29日のみ運行。そのうち29日限定で「春日山よるさんぽ トワイライト編」として、上記の内容に加えて夕日も楽しめるツアーを企画しています。

 

プラン名:夜景観賞バス・トワイライトバスで楽しむ! 春日山よるさんぽ 夜景編

出発日:2020年8月2日(日)、8日(土)、9月5日(土)

旅行代金:3,400円(ガイド料、バス代を含む)※中学生以上が対象

歩く距離:約4km

募集人員:各日10名(最少催行人員2名)

 

プランの詳細はこちら

 

 

プラン名:夜景観賞バス・トワイライトバスで楽しむ! 春日山よるさんぽ トワイライト編

出発日:2020年8月29日(土)

旅行代金:3,800円(ガイド料、バス代、軽食を含む)※中学生以上が対象

歩く距離:約4km

募集人員:各日10名(最少催行人員2名)

 

プランの詳細はこちら

 

 

 

 世界遺産・元興寺の国宝禅室で「夜の座禅体験」 

 

(写真:夜の極楽堂)

 

世界遺産・元興寺で夜間特別拝観と夜の座禅体験を楽しめるツアー。本堂の極楽堂での拝観や法話、さらには非日常を味わえる座禅体験を通して、お寺の歴史・信仰を心身ともに体感することができます。座禅体験をする国宝「禅室」は、通常は非公開。国宝建築で夜間の座禅体験ができるのはとても貴重な機会です。普段では味わえない特別な時間を体験してみてはいかが。

 

プラン名:元興寺 国宝禅室「夜の座禅体験」

日程:2020年8月29日(土)、9月12日(土)

料金:3,500円(座禅体験、拝観料を含む)

定員:各日25名(8名以上で実施)

 

プランの詳細はこちら

 

 

 

 背筋がひんやり。 夏の夜のちょっと怖いツアーとは

 

実は毎年夏恒例で催行しているちょっぴり怖いツアーが、今年も登場。「妖怪」「天狗」の2つのテーマで、奈良市内のおすすめスポットを巡ります。心身ともにクールダウンしながら、夜の奈良を楽しみませんか。

 

 

(1)鬼伝説で知られる世界遺産・元興寺で夜間拝観も「妖怪さんぽ」

 

 

歴史が長いだけに、様々な妖怪話がある奈良。街には「妖怪スポット」がいくつか存在します。

奈良市観光協会では、毎夏、奈良を拠点に活躍している妖怪文化研究家・木下昌美さんをガイドに迎え、「妖怪」をテーマにした夜の奈良のまち歩きツアーを企画しています。

 

ツアーは、日が暮れるころにスタートします。

まずは奈良の妖怪について知識を得ながら気持ちを高めるべく、奈良市観光センターにて木下さんの「妖怪講座」を受けます。心の準備ができたら、いよいよ夜のおさんぽへと出発。興福寺や不審ヶ辻子町(ふしがづしちょう)に立ち寄り、その後は「鬼(ガゴゼ)」の伝説で有名な世界遺産・元興寺の境内と極楽堂を拝観します。ひと味違う、夜の奈良の街散策はいかが。

 

プラン名:奈良の夜はちょこっとこわい!? 妖怪さんぽ

出発日:2020年7月25日(土)

旅行代金:3,500円  (ガイド・講師料、拝観料込み)※大人子ども同額

歩く距離:約2km

募集人員:25名(最少催行人員10名)

 

プランの詳細はこちら

 

 

 

(2)山里の天狗伝説に迫る!? お天気が良ければ夜には星空観察も「天狗遠足」

 

 

前述の「妖怪さんぽ」ツアーの番外編として、奈良の郊外へと足を延ばすバスツアーを企画しました。

今回のテーマは「天狗(てんぐ)」。伝説が多く伝わる山里へと向かいます。旅のご案内は、妖怪文化研究家の木下昌美さん。

 

ツアーは午後からスタート。奈良市中心部を出発し、一行は奈良市東部の柳生へ。某人気漫画・アニメに登場したとの声もある、天狗スポット「一刀石(いっとうせき)」に立ち寄ります。その後、天狗伝説がある山添村の神野山や、不思議な風景が広がる鍋倉渓(なべくらけい)などを訪れます。

とっぷりと日が暮れると、お天気がいい日なら空には満点の星が。関西屈指の天体観察スポットである「星空のステージ」で星空観察を楽しみます。観察のお供には、軽食としてコン堂さんの「五色いなり」をご用意しています。

あいにくの雨天で(当プランは雨天実施)星が見えない!という時は、木下さんが講師を務める妖怪講座を星空観察の代わりに実施します。

 

プラン名:奈良の夜はちょこっとこわい!? 天狗遠足

出発日:2020年8月22日(土)

旅行代金:8,200円  (バス代、ガイド料、星空のステージ席料、軽食を含む)※大人子ども同額

募集人員:24名(最少催行人員16名)

 

プランの詳細はこちら

 

他にも奈良をもっと楽しめるツアープランを、奈良市観光体験予約サイト「NARAタイム」でご紹介しています。
プラン一覧はこちら▶