公益社団法人  奈良市観光協会公式ホームページ
HOME > 奈良の世界遺産 > 東大寺

奈良の世界遺産

東大寺




 奈良といえば大仏さん、大仏は奈良の象徴です。その大仏をまつっているのが、東大寺の金堂=大仏殿です。
 深く仏教を信じた聖武天皇は、仏のめぐみによって政治の不安を解決しようと考えました。国ごとに国分寺を建てることを命じた天皇は、743年(天平15)盧舎那仏をつくる詔を出し、「一枝の草、一にぎりの土」をもって大仏づくりを助けるよう、全国民に呼びかけました。これに応えて、行基も弟子たちをひきいて協力しました。7年の年月を費やして749年(天平勝宝元)に大仏が完成、つづいて大仏殿もできて、752年(天平勝宝4)に開眼供養の法会が行われました。工事はその後も続けられましたが、東大寺の建立は国の総力を傾けた大事業でした。その伽藍(お寺の建築物)は後にも先にもない壮大なものでした。南大門の正面に中門と回廊を配して大仏殿を囲み、その前方左右に七重の東塔と西塔が立っていました。大仏殿の後ろには僧坊に囲まれて講堂があり、その東に食堂を配していました。東方の山地に法華堂・二月堂、西方には戒壇院、西北方に正倉院がありました。東方を除く三方に築地をめぐらし、南面と西面に三つの門を開いていました。南面の中央が南大門、西側のいちばん北の門が転害門でした。
 平安時代以降も、全国寺院の総本山として勢いを保ちましたが、1180年(治承4)、平氏の焼討ちにあって、大仏もろとも大仏殿が焼け落ち、正倉院・法華堂・鐘楼・転害門などを除いてほとんどの堂塔を焼失しました。復興事業の中心になったのは重源でした。宋の工人陳和卿の協力も得て、1185年(文治元)大仏の修造を完成、宋から大仏様(だいぶつよう)という新しい建て方を取り入れて95年(建久6)に大仏殿を再建しました。4年後にできた南大門は、大仏様をいまに伝えるものです。1200年(正治2)に新しく開山堂が建てられ、数年後鐘楼が豪快な構えに建てかえられました。いっぽう法華堂は、南側の礼堂を大仏様に建て替えて正堂とつなぎ、均整のとれた美しい姿になりました。お水取りで有名な二月堂も焼け残ったのですが、1667年に(寛文7)に焼け2年後に再建されます。
 1567年(永禄10)、松永久秀と三好三人衆との合戦で、大仏殿や戒壇院をはじめ諸堂舎が焼けました。寺僧らの努力にもかかわらず、なかなか再建には至りませんでした。1684年(貞享元)幕府の許可がおり、公慶によって復興事業がすすめられました。92年(元禄5)大仏の修造が完成、大仏殿も1709年(宝永6)に落成しました。奈良の町民も大仏講をつくって寄進に協力しました。大仏殿の再建には幕府の援助もありましたが、経費が十分でなかったため、創建当時よりは規模の小さいものになりました。間口が27メートルほど狭くなったのですが、それでも世界一の木造建築であることにかわりはありません。明治の初めには、屋根が傾くなどいたみがひどく、大修理が必要になっていました。明治の終わり1909年(明治42)になってやっと本工事に着手、13年(大正2)に竣工しました。昭和になって南大門や転害門などの修理も行われ、78年(昭和53)大仏殿の大屋根の瓦11万枚の葺きかえ工事が終わりました。
 (近鉄奈良駅から徒歩15分)