ネットで簡単予約!奈良満喫体験

NARA Travelers Guide

ネットで簡単予約!奈良満喫体験

Visit Nagato Yamaguchi Japan

行事・イベント

※一部拝観制限あり※1270年以上続く不退の行法。修二会/東大寺

2024/3/1(金)~3/14(木)

1270年以上、二月堂で1度も絶えることなく続く東大寺の伝統行事。令和6年で1273回目を迎えます。二月堂の本尊である十一面観世音菩薩に、参籠(さんろう)する僧侶が人々に代わり罪を懺悔し、国家の安泰と万民の豊楽を祈ります。現在、3月1日より2週間にわたり行われていますが、もとは旧暦の2月1日から行われていたことから、二月に修する法会という意味で「修二会」と呼ばれています。また二月堂の名前の由来でもあります。
12日深夜(13日の1:30頃)には、若狭井(わかさい)という井戸から観音様にお供えする「お香水(おこうずい)」を汲み上げる儀式「お水取り」が行われます。また、この行を勤める練行衆(れんぎょうしゅう)と呼ばれる僧侶の道明かりとして、毎晩19:00(12日は19:30、14日は18:30)から、童子(どうじ)と呼ばれる人が長さ6mもの大松明を担いで二月堂へ送る「お松明」が行われます。観客の頭上に火の粉を散らしながら童子が舞台を回る光景は圧巻です。「お水取り」が終わると奈良に春が訪れると言われるほど、古くから奈良の人々に親しまれる行事です。


※令和6年(2024)の修二会のお松明等の拝観は、下記の通り一部制限されます。状況により、今後さらに内容が変更される場合があります。詳しくは東大寺公式ウェブサイトをご覧ください。

【3/1(金)~3/14(木)※3/12を除く】 基本的に拝観可能ですが、拝観・聴聞の場所には限りがあります。二月堂下芝生や広場の人数が一定数以上になれば、以降お越しの方は第2拝観所へ誘導されます。第2拝観所も同様になれば、以降はお松明がご覧いただけないことがあります。局(つぼね)での聴聞は可能です(ただしマスク着用・私語はお控えください)。

【3/12(火)】お松明は、立ち止まらず移動しながらの拝観となり、お松明の途中でも順次退出いただきます。混雑が見込まれるため、参拝は極力お控えください。局での聴聞は関係者限定となります。

基礎情報

住所 〒630-8587 奈良市雑司町406-1
アクセス JR奈良駅・近鉄奈良駅から 市内循環バス「東大寺大仏殿・春日大社前」下車、徒歩5分
または近鉄奈良駅から徒歩約20分
問合せ 0742-22-5511(東大寺)
リンク 東大寺公式ウェブサイトhttps://www.todaiji.or.jp/

AROUND

周辺情報

周辺スポット

東大寺

〒630-8587 奈良市雑司町406-1

氷室神社

〒630-8212 奈良県奈良市春日野町1-4

奈良国立博物館

〒630-8213奈良市登大路町50

浮見堂

周辺宿泊施設

奈良ゲストハウス3F

〒630-8226 奈良市小西町5番地 アルテ館3階

奈良ユースホステル

〒630-8108 奈良市法蓮佐保山4-3-2

ホテル花小路

奈良県奈良市小西町23

古都の宿むさし野

奈良県奈良市春日野町90