ネットで簡単予約!奈良満喫体験

NARA Travelers Guide

ネットで簡単予約!奈良満喫体験

Visit Nagato Yamaguchi Japan

トピックス

冬の奈良大和路キャンペーン2021「そのひと時を味わう佐保路」

2021/11/19

大和の国・奈良へと続く「大和路」をテーマに、奈良市郊外から中心部にかけての魅力をご紹介する「冬の奈良大和路キャンペーン」。2021年12月1日(水)~2022年2月28日(月)で実施します。

 

冬の奈良大和路キャンペーン2021 海龍王寺 築地塀の前佇む女性

場所:海龍王寺 築地塀

 

 

2021年度は「佐保路(さほじ)」エリアをクローズアップ。奈良観光の中心エリア「奈良公園」界隈から、「国営平城宮跡歴史公園」に向かって西へ。佐保路と呼ばれる一条通(かつての平城京「一条南大路」)周辺には、奈良時代の聖武天皇の后・光明皇后や平安時代の歌人・在原業平ゆかりの三ヶ寺(法華寺、海龍王寺、不退寺)があり、美仏の「佐保路三観音」で知られています。

 

また、通り沿いの脇道にちょっと入れば、心地よいカフェや雑貨店など、素敵な出会いがあちこちに。ふと見つけたお店で、穏やかな表情の仏様との出会いで、ふわりと心が温まる“そのひと時”をじっくり味わってみてください。

 

そのほかにも、ナチュラルホルンの音色で鹿を呼び寄せる「冬の鹿寄せ」や“イケ住(イケてる住職)”こと、海龍王寺の石川重元住職によるDEEPな関連ツアー、SNSでのライブ配信など大和路の冬の楽しみ方が盛りだくさんです。

 

※一条通りは幹線道路であり、車の往来が激しいため、散策する際は注意が必要です

 

 

冬の奈良大和路キャンペーン2021
期間:2021年12月1日(水)~2022年2月28日(月)

 

 

 

目次

 

1. 特別御朱印が登場、佐保路の三ケ寺「法華寺」「海龍王寺」「不退寺」をめぐる

 

2. 佐保路のおすすめスポット 脇道散策しながら、美仏「佐保路三観音」に出会う

 

3. 奈良公園の冬の風物詩「冬の鹿寄せ」

 

4. 「イケ住」こと海龍王寺住職と一緒にDEEPな「ご近所遊歩」ツアー

 

5. 観光協会公式SNSで佐保路エリアの様子をライブ配信!

 

6. 散歩でも、バスでも、レンタサイクルでも!佐保路へのアクセス

 

 

 

 

 

 

 

特別御朱印が登場、佐保路の三ケ寺「法華寺」「海龍王寺」「不退寺」をめぐる

 

光明皇后ゆかりの法華寺海龍王寺、在原業平ゆかりの不退寺

 

期間中、これら三ケ寺で観光情報誌『ならり』秋冬号vol.31をご提示いただくと、キャンペーン独自の特別御朱印が授与されます(要納経料)。
さらに個人参拝の場合でも団体割引料金が適用になるうれしい特典も。

 

 

『ならり』ご提示特典
①法華寺、海龍王寺、不退寺で冬の奈良大和路キャンペーン限定特別御朱印を授与(要納経料)
②個人の参拝者も団体料金で拝観可能

 

 

 

特典を受ける方法
実際の誌面または誌面データの画面を拝観受付でご提示ください。

 

 

『ならり』秋冬号vol. 31の配布場所
関西圏の駅にあるラック、奈良市内の観光案内所奈良市総合観光案内所、近鉄奈良駅総合観光案内所奈良まほろば館、全国の旅行会社の窓口等

 

 

 

 

 

 

 

 

佐保路のおすすめスポット 脇道散策しながら、美仏「佐保路三観音」に出会う

 

佐保路で脇道散策しながら、美仏で知られる「佐保路三観音」に会いに「法華寺」「海龍王寺」「不退寺」をめぐってみましょう。
道中には、有機野菜の八百屋さんや昔ながらの手焼きせんべい店、カフェ&雑貨店、パン屋さんなど寄り道したくなるショップがいっぱいです。

 

 

 

聖武天皇創建の「東大寺」西北にある国宝「転害門(てがいもん)」から、一条通りを西へ進む道中、ちょっと脇道を奥に進むと、見えてくるのは百人一首でおなじみの在原業平ゆかりの「不退寺」。都を旧都・平城京に戻そうとして叶わなかった業平の祖父・平城天皇(へいぜいてんのう)の仮住まいの地に、祖父と父を弔うため創建されました。ご本尊は、業平が自ら刻んだと伝わる聖観音菩薩立像。大正時代までは100年に1度しか御開帳(ごかいちょう)されなかった元秘仏で、宝冠帯(ほうかんたい)が大きなリボンのように見えます。

 

 

 

 

さらに進むと、平城宮の鬼門(きもん/北東隅)を護るため、光明皇后発願により創建された「海龍王寺」の風情ある築地塀(ついじべい)の参道が見えてきます。同寺のご本尊は、皇后が自ら仏像を刻み、それを元に鎌倉時代に造られたと伝わる秘仏・十一面観音菩薩立像

 

 


 

すぐ近くにある「法華寺」は、光明皇后が皇后宮を諸国に置かれた国分尼寺を総轄する総国分尼寺として改めた門跡寺院の尼寺です。皇后のお姿を写したと伝わるご本尊の秘仏・十一面観音菩薩立像から、病者や貧者を救ったとされる皇后の慈悲深い御心が伝わってきます。

 

三観音と出会い、奈良の薬草「大和当帰」の薬膳や豆腐料理などこだわりのランチやカフェを。心穏やかなひと時を味わってください。

 

 

 

 

 

 

奈良公園の冬の風物詩「冬の鹿寄せ」

 

写真提供:奈良の鹿愛護会

 

 

奈良公園内、春日大社境内地の飛火野(とびひの)で、夏と冬の風物詩になっている「鹿寄せ」。
ナチュラルホルンの音色によって、群れをなして呼び寄せられる鹿の姿を見ることができます。
通常有料ですが、期間中は無料に。空気が澄んだ冬の朝、散歩がてらにいかがでしょうか?

 

冬の鹿寄せ

日程:1月7日(金)~2月27日(日)金・土・日曜日・祝日・祝前日
※1月22日(土)、23日(日)は除く。雨天決行、荒天中止。1日1回
時間:10:00~ 場所:春日大社境内 飛火野

 

 

 

 

 

「イケ住」こと海龍王寺住職と一緒にDEEPな「ご近所遊歩」ツアー

 

 

 

イケ住(イケてる住職)として様々なメディアで活躍し、平城宮跡でのイベントにも関わる海龍王寺の石川重元(いしかわじゅうげん)住職。
海龍王寺は、天皇家の私寺で「平城宮内道場」とされた佐保路エリアにある古刹です。
佐保路を知り尽くした住職が、ご本尊・十一面観音菩薩立像の特別拝観だけでなく、近隣の古墳探訪、珍スポット(⁉)など、あなたが知らなないDEEPな奈良へと誘います。

 

 

プラン名:海龍王寺住職のDEEPな「ご近所遊歩」
旅行代金:2,500円(ガイド料、拝観料を含む) ※大人子供同額
出発日:2021年12月18日(土)、2022年2月26日(土)
予約締切:7日前まで ※7日前が土・日曜日、祝日の場合は、直前の営業日が予約の締め切りとなります。
募集人員:20名(最少催行人員7名)
詳細「海龍王寺住職のDEEPな「ご近所遊歩」」を見る▶

 

 

 

 

 

観光協会公式SNSで佐保路エリアの様子をライブ配信!

 

奈良公園界隈を散策した経験はあっても、近隣エリアに足を延ばしたことがない方や訪れる前にどのような場所か知りたい方も多いのでは?
そんなあなたに向けて、Instagramを中心に奈良市観光協会公式SNSで佐保路エリアをライブ配信予定。どんな映像なのかお楽しみに。

 

 

 

 

 

散歩でも、バスでも、レンタサイクルでも!佐保路へのアクセス

 

佐保路を1日じっくり散策するなら、徒歩と奈良交通バスの利用がおすすめ。
近鉄奈良駅から「転害門」までバスで行き、そこから一条通を西に向かって歩きましょう。
不退寺海龍王寺法華寺の順にめぐりながら、沿道や脇道にあるカフェやお店を探してみて。
歩き疲れた方は、途中でバスに乗り、目的地のお寺まで向かうこともできます。

 

あまり時間にゆとりがない方は、近鉄奈良駅や新大宮駅でレンタサイクルを利用して効率的に。
半日あれば三ケ寺すべてを巡ることができます。